大型デジタルサイネージの魅力を解説!活用事例と特徴について

LEDビジョン特集

大型デジタルサイネージの魅力を解説!活用事例と特徴について

2024.06.20|LEDビジョン

デジタルサイネージとは、ディスプレイや液晶パネル、LEDパネルを利用した電子掲示板や電子広告のことです。

電車やお店の中の小さな広告から駅前や壁面、屋上に見られるような大きなものまで様々な大きさのものがあります。

紙媒体のポスターや看板も多い中、デジタルサイネージに思わず足を止めてしまったという経験がある方もいらっしゃるのではないでしょうか?

動きがあったり映像や文字が鮮明で時には音も含まれるデジタルサイネージは新しい広告や演出の方法として近年注目されている技術の一つです。

 

LEDビジョンに興味がある方、導入したいと考えている方に。

 

ここでは大型デジタルサイネージに焦点を当てて解説いたします。

 

大型デジタルサイネージの活用事例

 

デジタルサイネージは駅や街中で、ポスターや看板などにかわってよく目にすることが増えた電子看板のことです。

液晶ディスプレイやLEDディスプレイに広告や情報をリアルタイムに発信することが可能です。

鮮明な映像や視認性の高い画像や文字はもちろん、動画の配信も可能です。

スピーディな情報伝達やインパクトの強い訴求をすることができるため、近年需要が高まっています。

 

1枚のディスプレイではサイズに限界があるため、遠くからも見てほしい場合には訴求効果が見込めないこともありました。

そこで注目されたのが大型デジタルサイネージです。

 

大型デジタルサイネージとは何か?

 

大型デジタルサイネージとは、大型ディスプレイやディスプレイを用いるデジタルサイネージのことです。

屋内用と屋外用があります。

大型ディスプレイはLEDディスプレイのような大型にも対応可能なものを利用する方法や、一定サイズの液晶ディスプレイを複数組み合わせて1枚のディスプレイのように見せる「マルチディスプレイ」と呼ばれる方法もあります。

また、プロジェクターを用いた大型デジタルサイネージもあります。

 

しかし、設置場所を問わないことや、ディスプレイの外枠がなくなり映像と映像の間に枠が見えることがなく、すっきりと映し出すことができるLEDディスプレイが選ばれることが多いです。

 

なぜ大型デジタルサイネージが注目されるのか

 

大型デジタルサイネージは大きな画面での演出や情報発信が可能です。

また、視認性が高いデジタルサイネージを効果的に選ぶことでインパクトのある鮮明な映像や動画で遠方の人にまで強いインパクトを残すことが可能になります。

屋内では商業施設の看板やイベント、記者会見などで使い視認性の高い映像でより効果的に情報を伝えることができると話題です。

また、屋外広告では遠くの通行人にも効果的に訴求することができ、印象に残る情報を届けることが可能です。

ディスプレイから離れている人にもより的確で印象に残る情報や広告を見てもらうことができるため、近年注目されているのです。

 

大型デジタルサイネージの主な用途

 

大型デジタルサイネージは導入することにより様々な効果が期待できます。

大型デジタルサイネージの強みは大型で迫力があることです。

インパクトのある映像や画像でより印象に残る訴求を行うことができるため、様々な用途で用いられています。

例えば、店舗やビルの屋外や屋内施設の入り口に設置することで通行人へと効果的に案内することが可能となります。

そのため、入り口の案内や誘導動線を作りやすいと言われています。

また、待ち合わせ場所は休憩場所に設置するケースもあります。

大型ディスプレイはインパクトがあり目立つために待ち合わせ場所としても有効的に活用することができるためです。待ち合わせ時に画面を眺めて過ごすことを見通して広告を配信することもあるようです。

屋内屋外関わらず人通りが多い場所に設置し、休憩できるスペースを設置することで画面を眺めながら過ごすことができます。

注目度の高いメディアとして活用することが可能となるでしょう。

 

また、大型デジタルサイネージは遠隔から素早くコンテンツの入れ替えができるため、緊急の災害情報や重要情報の伝達を素早く行うことができます。

そのため広告媒体としてだけではなく、有事の際には地域貢献としての情報発信が可能なツールとなることも導入が進められている理由の一つとなる用途と言えるでしょう。

 

大型デジタルサイネージの種類と特徴

大型デジタルサイネージには大きく分けると液晶ディスプレイとLEDディスプレイがあります。

それぞれに設置する場所や配信方法、コストやメリット・デメリットが異なります。

導入を検討する際には、導入場所や運用をしっかりと検討して、最適なものを選ぶとよいでしょう。

どの種類が最も効果的なのかを知りたい場合は、信頼できる業者に相談してじっくりと計画することをおすすめします。

 

液晶ディスプレイを使用した大型デジタルサイネージ

 

一般的に液晶ディスプレイを用いた大型ディスプレイはマルチディスプレイ方式を用いていることが多いです。

液晶ディスプレイと言えばテレビ用モニターと同じと考えている方も多いかもしれません。

実際にデジタルサイネージに用いられる液晶ディスプレイは縦横設置・長時間稼働が可能なタイプで、彩度が明るいものが使われています。

一般的な家庭用のテレビよりも解像度が高い特徴もあります。

そのため、綺麗な画像や映像を配信することが可能となるのです。

ただし、ディスプレイサイズが限定されています。

そのため複数の液晶ディスプレイを連結し、いわゆるマルチディスプレイにすることで大型ディスプレイとして活用することが可能となります。

近年では駅や病院、大型商業施設などではタッチパネル式の液晶ディスプレイの導入も進んでいます。

タッチパネルにより安全掲示板をより効果的に幅広く活用することができるのです。

 

メリット

高解像度: 

フルハイビジョンや4Kといった高解像度オプションが利用可能で、鮮明でクリアな画像を提供します。

 

多様なサイズ: 

様々なサイズがあるため、特定のスペースに合わせて最適なディスプレイを選ぶことができます。

 

スタンドアロン設置が可能: 

スピーカー内蔵のモデルなど、追加の機器なしで単体使用が可能なディスプレイもあります。

 

デメリット

衝撃に弱い: 

液晶ディスプレイは物理的な衝撃に弱く、配送や設置時のダメージに非常に注意が必要です。

 

ベゼルの存在: 

複数のディスプレイを連結して大型ディスプレイを作る場合、ベゼル(枠)が目立ってしまうことがあります。

 

輝度の制限: 

LEDディスプレイに比べて輝度が低めで、特に屋外や明るい場所での使用には不向きな場合があります。

 

LEDディスプレイによる大型化

LEDを用いてユニットを組み合わせてより鮮明で明瞭な高彩度の大画面サイネージを提供することが可能です。

LEDの特性を活かした明るさも魅力の一つです。

日中の屋外など太陽光の光が強い明るい場所でも視認性の高い、美しい画像や映像を配信することもできます。

場所を選ばず設置できるメリットもあります。

また、枠がないため組み合わせて大型にしても映像を枠で阻害せずに訴求することが可能となります。

防塵加工や防水処理がされたタイプもあります。

また、長寿命で省エネというLEDの特性がLEDディスプレイの魅力にもなります。

 

メリット

 

高輝度:

昼間や明るい場所でも見やすい高い輝度を持っています。

 

柔軟なカスタマイズ: 

任意のサイズや形にカスタマイズできるため、さまざまな設置場所に適応可能です。

 

シームレスな大画面: 

枠がないため、シームレスでアイキャッチ効果の高い大画面を実現できます。

 

デメリット

 

高コスト: 

初期導入費用が高く、特に大規模な設置には大きな投資が必要です。

 

販売店の限定性:

取り扱っている販売店が少なく、選択肢が限られることがあります。

 

価格動向: 

最近は価格が下がりつつありますが、依然として液晶ディスプレイに比べて高価です。

 

液晶とLEDディスプレイの違い

 

液晶ディスプレイとLEDディスプレイはそれぞれ独自の技術を用いて画像や映像を提供しています。

 

特性 液晶ディスプレイ LEDディスプレイ
光源 バックライト使用 (LEDや蛍光灯) LED自体が光源として機能
輝度と視認性 一般的に室内向けの輝度 屋外でも視認性が高い高輝度
解像度 高解像度が可能で細かなディテール表示に適している 大型化すると解像度が低下する傾向があるが、技術の進歩で改善されている
コスト 大量生産と技術の成熟により比較的低コスト 初期導入は高価だが、耐久性とメンテナンスの容易さで長期コストは改善
用途 主に室内での使用に適しており、スマートフォン、テレビ、モニターなどに使用される 屋外広告、公共の情報表示板、ステージ背景などの大空間での使用に適している
耐久性とメンテナンス 物理的衝撃に弱く、破損リスクが高い特に大型で 高耐久性で防水・防塵設計が多く、屋外使用に適している

 

大型デジタルサイネージの設置場所と効果

大型デジタルサイネージは設置場所によって効果的なディスプレイを選ぶ必要があります。

屋内・屋外それぞれの異なる環境条件に応じてデジタルサイネージの仕様を適切に選ぶことが効果的な運用のためには不可欠です。

ここでは屋外と屋内それぞれのデジタルサイネージの違いと設置場所によるインパクトの違いについて解説します。

 

屋外vs屋内:適切な設置場所を選ぶ

 

デジタルサイネージを屋外に設置する場合、デジタルサイネージは厳しい環境下に耐えられるディスプレイを選ぶ必要があります。

雨、風、直射日光に屋外ディスプレイはすでに晒される環境になります。

そのため、防水・防塵対策はしっかりと行う必要があるのです。

また、デジタルサイネージで重要なのは情報をしっかりと映像や画像、文字で伝えることです。

そのため高い視認性が必要となります。

特に直射日光があたる条件下で映像や画像を明瞭に伝えるためには高い輝度が必要となります。

1200カンデラ以上の輝度で設計されているものが一般的と言われています。

 

一方、屋内用デジタルサイネージは耐候性や高輝度は屋外のようには必要としません。

屋内では700カンデラ程度の輝度でも十分な視認性を確保できると言われています。

また、屋内では温度や湿度もコントロールされているため、デジタルサイネージのデバイスの耐久性もそれほど高い必要はありません。

 

大型デジタルサイネージによるインパクトのある広告効果

 

大型デジタルサイネージは、その大画面と高解像度により、遠くからでも注目を集めることができます。

屋外での使用では、特にその明るさが人々の注意を引き、大通りや広場など人が多く集まる場所での広告に最適です。

屋内では、ショッピングモールや交通機関の待合室など、大人数が長時間滞在するスペースでの利用が一般的です。

また紙媒体の広告と違って、情報の更新を素早く行えることも効果的に広告訴求ができる理由の一つと言えます。

季節やイベント、週末や平日など。

ターゲットに合わせた柔軟な広告配信を行えることもデジタルサイネージの魅力の一つです。

大きな画面でより訴求力の大きなデジタルサイネージではその効果はより発揮されることでしょう。

 

設置場所に応じたデジタルサイネージの選び方

 

デジタルサイネージを選ぶ際には、設置場所の環境を考慮することが大切です。

屋外用サイネージは耐候性と高輝度が求められます。

そのため、条件を満たした製品を選ぶ必要があります。

屋内では、デザインや解像度、そしてコストパフォーマンスを重視した選択が可能です。

屋内屋外どちらの場合も、目的とする広告効果を最大化するために、適切なサイズと形状を選ぶことが重要です。

 

デジタルサイネージはただの広告ツールではなく、視覚的に魅力的なコミュニケーション手段にもなります。

適切な設置場所とスペックを選ぶことで、その効果を最大限に活用することができます。

インパクトが大きい広告は見る人の心や頭に強く残るものとなることでしょう。

 

大型デジタルサイネージ導入のためのコストと運用

大型デジタルサイネージを導入しようと考えた時に頭をよぎるのは「導入コストと運用コスト」という方も少なくないのではないでしょうか?

大型デジタルサイネージの導入は、情報伝達や広告にも様々な利点があります。

デジタルサイネージの導入には購入やレンタル、リースなどの手段もあります。

導入コストや運用コストをよく検討してより効果的な運用を目指しましょう。

 

購入、レンタル、リース:最適な選択肢を見極める

 

デジタルサイネージの導入に必要な設備はディスプレイだけではありません。

コンテンツを配信するSTBと呼ばれる配信プレイヤーや、コンテンツを配信管理するシステムや、配信コンテンツなども必要です。

 

ディスプレイの大きさや、数、機器の性能によっても金額は大きく異なります。

 

イベントの期間中だけに使用したいなど、デジタルサイネージを限られた期間で使う場合はレンタルやリースを活用する方法もあります。

また、レンタルやリースを活用することで、デジタルサイネージを本格的に導入する前に試してみることも可能です。

短期間の使用なのか。

長期間での運用になるのか。

目的に合わせて購入やレンタル、リースを検討し選択しましょう。

 

購入: 

長期間にわたってデジタルサイネージを使用する場合、購入が最もコスト効率が良い選択肢となることが多いです。初期費用は高いものの、所有権を持つため長期的に見れば経済的です。

 

レンタル: 

短期間のイベントや展示会で使用する場合に適しています。レンタルは低コストで導入でき、使い終わった後に返却するだけなので、保管やメンテナンスの必要がありません。

 

リース: 

長期間使用するものの、一括での購入資金が難しい場合に適しています。定期的な支払いを行うことで、最新の機器に常にアップデートすることも可能です。

 

大型デジタルサイネージの導入コストとは

 

大型デジタルサイネージの導入コストには、ディスプレイの価格だけでなく、設置工事費、コンテンツ制作費、必要なハードウェアやソフトウェアの購入費が含まれます。

また、屋外用デジタルサイネージの場合、耐候性や防水性を備えた高価なモデルが必要となることが一般的です。

 

長期運用におけるメンテナンスとコスト削減

 

長期間にわたってデジタルサイネージを運用する場合、定期的なメンテナンスが必須です。ディスプレイの清掃、ソフトウェアの更新、ハードウェアのチェックなどが含まれます。これらの活動は、故障を防ぎ、機器の寿命を延ばすために重要です。

 

コスト削減のためには、エネルギー効率の良いディスプレイの選択、低コストのCMSプランの選定、または自社でコンテンツを制作する能力を内製化することが考えられます。また、LED技術などの新しい技術を利用することで、運用コストの削減が期待できます。

 

大型デジタルサイネージの導入と運用は、その高い視覚的インパクトと情報提供能力により、多くのビジネスにとって価値ある投資です。適切なプランニングとコスト管理により、その効果を最大限に引き出すことが可能です。

 

大型デジタルサイネージの今後の傾向

 

大型デジタルサイネージは、その視覚的インパクトと情報伝達能力で、多くの業界で急速に導入が進んでいます。

その進化はテクノロジーの発展とともに進み、新たな活用方法も模索されている中、広告収益においても大きな注目を集めています。これからのデジタルサイネージの展開について探ってみましょう。

 

大型デジタルサイネージの進化

 

デジタルサイネージの技術は年々進化しており、解像度の向上、耐候性の強化、さらにはインタラクティブ機能の統合などが進んでいます。

様々な技術革新により、デジタルサイネージはただ情報を表示するだけでなく、視聴者との対話やエンゲージメントを促すプラットフォームへと変化しているとも言えるでしょう。

例えば、タッチスクリーンを備えたインタラクティブなディスプレイを設置することで情報をよりパーソナライズして提供することが可能です。

今後は、よりダイナミックで個別化されたコンテンツ配信が可能になっていくとも言われています。

 

大型デジタルサイネージの新たな活用方法

 

新たな活用方法として、教育、公共安全、リアルタイム情報提供など、従来の広告枠を超えた分野での導入が進んでいます。

例えば、大学や病院でのウェイファインディングシステムとしての利用や、災害時の避難情報の迅速な配信手段としての活用も検討されているようです。

また、小売業界では店舗内のデジタルサイネージを用いて在庫情報をリアルタイムで顧客に提供するなどに活用され、顧客体験の向上が期待されています。

 

大型デジタルサイネージの広告収益

 

デジタルサイネージの広告収益については、その視認性の高さとターゲットを絞った広告配信能力により、一般的な看板やその他の広告手段と比較して高い効果を見込むことができます。

特に屋外での大型ディスプレイは、一日中多くの人々の視線に触れるため、高い広告価値を有しています。

また、デジタル化された広告内容を簡単に更新できるため、キャンペーンやイベントごとに迅速に対応することが可能です。

これにより、より多くの広告主がデジタルサイネージを利用するようになり、市場はさらに成長を続けると予測されています。

 

大型デジタルサイネージの市場は新たな技術の導入と共にその用途が広がりつつあります。今後もこの分野の革新は続き多様な業界での重要性が増していくことでしょう。

 

大型デジタルサイネージのまとめ

 

大型デジタルサイネージは今後も広く活用が期待されています。

その視覚的インパクトと柔軟な内容更新能力により、広告や情報提供の手段としてますます重要な役割を果たしています。

大型デジタルサイネージの導入には場所やサイズ、配信コンテンツを検討し適したものを選ぶ必要があります。

導入に悩んだ場合は、デジタルサイネージの取り扱いを行っている専門業者に相談すると良いでしょう。

 

今後も大型デジタルサイネージ市場は、新たな技術の導入と共にその用途の拡大を続け、多様な業界での重要性が増すことが予想されます。これにより、一般企業、教育機関、公共施設など、さまざまな場所での導入が進むことでしょう。

そのほかの特集記事