不動産オーナー向けにデジタルサイネージの魅力を解説

LEDビジョン特集

不動産オーナー向けにデジタルサイネージの魅力を解説

2024.06.20|LEDビジョン

デジタルサイネージを導入したいけれど、初期投資の高さで躊躇されている不動産オーナーの方は多いのではないでしょうか?

デジタルサイネージは近年急速に普及している情報伝達手段です。

特に不動産業界では不動産を有効活用する手段としても注目されているようです。

初期投資が高くメンテナンスが必要な反面、正しく設置し効果的に運用することで空いているスペースの有効活用も可能になります。

「LEDビジョンを導入したいけど、高いお金は払いたくない」と感じている不動産オーナーの皆様へ。

この記事ではデジタルサイネージの基本から特徴、広告の種類などを詳しく解説します。

デジタルサイネージをより効果的に運用するヒントとなりますように。

 

デジタルサイネージ広告の基本

デジタルサイネージは近年急速に普及している広告や情報発信の手段です。

サイネージとは看板やポスターなどの標識のことで、サイネージを電子化したものをデジタルサイネージと呼びます。

デジタルサイネージにはディスプレイが一体になっているものやネットワーク配信型など様々な携帯が存在します。

また、画面分割やテロップ表示が可能なものや、配信スケジュールを管理して定期的に情報更新を行える機能など多彩な機能が備わっているものも様々です。

屋内用と屋外用があり、用途によって使い分けることで効果的に情報を伝えることができ、広告としても活用することが可能です。

デジタルサイネージは駅などの交通機関や公共機関、商業施設や病院などあらゆる場所に設置されているので、目にしたことがある方も多いと思います。

特に最近ではマンションやテナントビル内に設置されることも多くなってきました。

また、屋上などに設置して屋外看板としてデジタルサイネージを活用するケースも増えています。

 

デジタルサイネージ広告とは

 

デジタルサイネージとは電子看板のことです。

様々な情報コンテンツを表示するディスプレイ(デジタルサイネージ)に掲載する広告のことをデジタルサイネージ広告といいます。

駅や電車内、店頭や建物の外壁や屋上などに設置されることが多く、デジタルサイネージには必ずと言って良いほど広告が配信されています。

電車の中吊り広告のような物だけではなく、店舗内から外を歩く通行人に向けたデジタルサイネージを活用して取り扱い商品をPRし、ターゲットに直接アピールし集客効果を向上させる目的でも活用されています。

元々は交通広告から広まり始めたデジタルサイネージ広告ですが、最近では店舗の内外、公共教機関、マンションやビル、商業施設、病院などあらゆる場所で見られるようになってきました。

主にデジタルサイネージ広告とは、電車の中吊り広告のように金銭が発生するものを指します。

自社のPR情報を掲示する場合も販促広告として扱われることもあります。

 

デジタルサイネージ広告のメリット

茨城県土浦市

デジタルサイネージ広告は柔軟で効果的な情報提供が可能です。

ここではデジタルサイネージ広告を設置することで得られるメリットを説明します。

 

更新しやすい

 

デジタルサイネージは情報を更新しやすいというメリットがあります。

従来の看板やポスター更新に手間やコストがかかっていました。しかし、デジタルサイネージは情報データを更新するだけで手軽に新しい情報を流すことができるのです。

ディスプレイに流す情報を常に最新の情報に保ち、タイムリーな情報を届けることが可能です。

 

視覚的魅力

 

デジタルサイネージは画像だけでなく動画やスライドショーを使った広告で訴求することができます。静止画や文字だけの広告よりも、動きのある広告はより多くの関心を惹きつけることができます。

デジタルサイネージは鮮明な画像が魅力的な広告手段です。

さらに動画やスライドを用いた動きのある広告でさらなる訴求力を期待できます。

 

ターケティング

 

デジタルサイネージ広告は特定の時間帯や特定の場所で、特定のターゲットに向けた広告を表示させることができるメリットがあります。

例えばビジネスマンが多い平日の朝にはオフィスビルの近くでビジネスマン向けの広告を。

ファミリー層が集まりやすい週末のショッピングモールでは、ファミリー層向けの広告を流すことができます。

このようにターゲティングして広告を流すことで広告の効果を向上させることが可能になることもデジタルサイネージ広告の特徴の一つです。

 

コスト効率が良い

 

デジタルサイネージ広告は初期投資が必要です。

しかし、一度デジタルサイネージシステムを導入することで運用コストは従来の広告方法と比較すると低く抑えることができると言われています。特にLEDディスプレイを採用しているデジタルサイネージ広告は消費電力や耐久性も含めて考えるとコスト効率が良いと言われています。

今まで広告制作物にかかっていた制作費や取付撤去代も抑えることが可能です。

データの再利用や複数箇所に同時に掲載が可能な点も、コストを抑えることができる要因の一つです

 

デジタルサイネージ広告のデメリット

 

デジタルサイネージ広告を導入する際にはデメリットも理解した上で導入することが大切です。

メリットだけでなくデメリットを知ることで、より効果的なデジタルサイネージ広告運用の参考にしていただけたら嬉しいです。

 

初期投資が高い

 

デジタルサイネージのデメリットの一つに初期投資の高さが挙げられます。

ディスプレイの他にもセットトップボックス(STB)やコンテンツマネジメントシステム(CMS)の費用や工事費用が必要になります。

セットトップボックスとはディスプレイにコンテンツを映し出す映像表示器で、システム構成によってはセットトップスボックスがなくてもコンテンツを表示させることができます。

コンテンツマネジメントシステムとは、デジタルサイネージに配信するコンテンツを管理するソフトウェアです。

場所や運用計画、予算に合った機器の選択と安心して施工をお願いできる業者を選ぶことが大切です。

 

コスパを検討する必要がある

 

デジタルサイネージは電力を消費して運用します。

大型のディスプレイや24時間運用するデジタルサイネージを運用する場合は電気代の試算を行うことをおすすめします。

また、特に屋外に設置するデジタルサイネージは予期せぬ破損の可能性もあります。

定期的なメンテナンスが必要になることもあるので、メンテナンスコストも検討する必要があります。

 

コンテンツ制作費用がかかる

 

人々の目にとまるデジタルサイネージ広告を作成するには、コンテンツの制作費用も検討する必要があります。

紙媒体の広告でもコンテンツ制作費用はかかりますが、デジタルサイネージ広告は頻繁なコンテンツの更新をすることでより効果的に情報を伝達することが可能になります。

そのためコンテンツ制作費用も含めた運用計画を立てることが必要です。

 

デジタルサイネージ広告の種類

名古屋でLEDビジョンを最安値で専門的に販売している会社

デジタルサイネージ広告は交通広告から始まったとも言われています。

今では店舗の内外や公共機関、バスやタクシー、道の駅など様々な場所で見られるようになり活用の場が広がっています。

 

駅デジタルサイネージ

 

駅の改札の周辺やホーム、駅舎壁面に設置されていることが多いです。近年では駅構内の柱にも多く設置されるようになったので見かける方も多いタイプのデジタルサイネージ看板ではないでしょうか?

駅利用者の通行量が多いエリアに設置されることが多いデジタルサイネージで、効率よく効果的に駅利用者に情報を提供することが可能です。

話題性に富んだ広告や、企業の企画としても多く活用されていることも特徴です。

多くの電鉄で導入されているデジタルサイネージ看板です。

 

電車内ビジョン

 

電車内に設置されているデジタルサイネージです。

乗車時間を利用して情報を伝達するため、他のデジタルサイネージと比べると長い時間電車利用者に情報を提供することが可能です。

ニュースや天気情報などの番組型コンテンツを発信する場合も多いのが特徴です。

また、商品のタイアップ広告を発信する「企画商品」として広告枠を販売している電鉄もあるようです。

 

屋外デジタルサイネージ

 

駅前ロータリーや繁華街、交通量が多いビルの屋上など人の往来が多く目につきやすいエリアに設置されている広告ディスプレイです。

大型サイズが多いことが特徴です。

また、場所によっては音声対応しているデジタルサイネージも多く、視覚聴覚両方から訴求することが可能な広告です。

また、LEDディスプレイを採用した屋外デジタルサイネージは遠くからも鮮明に見られる視認性が高い特徴があります。天候や日差しの強弱、朝晩の明るさにも柔軟に対応できるため、より広い範囲での広告認知が可能となります。

 

マンション内のデジタルサイネージ

 

マンション内でのデジタルサイネージ設置も近年進んでいます。

デジタルサイネージの設置によりポスターなどの紙の掲示板を張り替える手間がなく、さらにスピーディーに最新情報を伝達することができることが可能です。

特に災害情報や不審者情報などの生活に密着した重要な情報を速やかに伝達できると評判です。

マンション居住者に合わせたゴミの日の情報や近隣のお役立ち情報などの情報発信をすることでマンション居住者の満足度をアップすることも期待できます。

 

また、マンション居住者の年齢層やターゲットに合わせた広告を流すことで広告収益を得ることも可能です。時間帯に合わせてデジタルサイネージに流す映像を変えることができるため、適切なターゲットに広告を届けることができます。また、マンション居住者にとってもデジタルサイネージに映し出される広告は「マンション側の許可を得ている」と安心を与えられる点もメリットです。

 

デジタルサイネージ広告の効果的な活用方法

 

デジタルサイネージ広告は初期投資がかかるため、効果的に活用したいと考えていらっしゃる人は多いのではないでしょうか?

広告の柔軟性を高めて、よりパーソナライズされた情報を的確に提供することでより広告の訴求力をアップするきっかけとなることでしょう。

ここではデジタルサイネージ広告をより効果的に活用するためのアイディアを紹介します。

 

クリエイティブな広告手法の活用

 

デジタルサイネージ広告はただ単に映像を流すだけでは訴求力が十分に得られないことが多いです。

動きのある映像や音声を利用したり、シンプルな静止画でもアプローチ力の高いクリエイティブな映像を発信するなど、様々な工夫が必要となります。

道行く人々が足を止めるきっかけとなるような広告映像が大切なポイントです。

 

静止画|コストを抑えつつ効果的に伝達する

 

静止画コンテンツとは、テキストや画像をスライドショーのような形で表現する手法です。

静止画コンテンツの広告の最大の魅力は制作コストを抑えられることです。

制作コストを抑えながら必要な情報をよりわかりやすく伝える工夫をすることで、興味関心を引き記憶に残る効果的な訴求を行うことができるでしょう。

 

動画|訴求力を高める

 

アニメーションや映像を通じて、静止画よりも豊富な情報を伝えることが可能になります。

動画は、内装や周辺環境、情報をよりリアルに伝えることができるツールです。

動画による訴求はデジタルサイネージならではのものです。

CMのように効果的に潜在顧客の心に響くコンテンツを提供することで訴求力を高めることが可能です。

 

音声付きコンテンツ|注目を集める

 

音声付きコンテンツは映像や画像に加えてBGMやナレーションで聴覚的にもアプローチすることが可能です。

音声を加えることでより人々の注目を引きやすくなり、広告の内容をより鮮明に伝えることが可能になります。また、音声は情報の理解だけでなく、感情に訴えて伝える効果も期待できます。

特に人通りが多い場所で音声を流して良い場所の場合におすすめの広告コンテンツです。

 

デジタルサイネージ広告は、効果的な宣伝を行うことで潜在顧客の心に残り行動のきっかけとなることが期待できます。

道行く人々の足を止めるクリエイティブな広告作成は、効率的にデジタルサイネージ広告を運用するための手段の一つとなるでしょう。

 

一等地ロケーションでの展開

 

デジタルサイネージ広告を効果的に活用する場合は場所選びも重要です。

一等地とは人通りが多く、多くの人々の目に触れることが多い場所のことです。

「駅改札周辺」や「繁華街」、人々が集まる「商業施設」や「ショッピングモール」などがこれにあたります。

多くの人が集まる場所に広告を置くことで、自然と多くの人の目に触れる機会が増え、広告の効果を高めることが期待できるでしょう。

デジタルサイネージの広告は一等地ロケーションに流した広告を、他の複数のデジタルサイネージ設置箇所に展開することも可能です。車内ビジョンや街頭ビジョンなどの異なるサイネージとも連携が可能なため、幅広い層にアプローチすることも可能です。

また、一等地ロケーションでのインパクトがありユニークで魅力的な広告発信はSNSで共有されやすいというメリットもあります。

 

一等地ロケーションでのデジタルサイネージ広告展開は、より多くの人々の目に止まりやすいため非常に効果的です。

合わせて、他のデジタルサイネージと組み合わせることでより記憶に残る訴求も可能となります。

 

駐車場やビルボードとしての活用

 

デジタルサイネージの屋外利用は土地の有効活用としても注目されています。

ビルボードのような大きい看板をデジタルサイネージに移行することを検討されている方も多いようです。

駐車場やビルボードは屋外で24時間情報発信が可能です。

さらに、LEDを利用した屋外デジタルサイネージは、視認性も高く鮮明な映像が記憶にも残りやすいためより効果的なアプローチが可能となります。

また、駐車場へのデジタルサイネージの設置は防犯効果の期待も可能です。

交通量の多い箇所のビルボードでは渋滞した際、視認性の高さから遠くからも見ることができるためより多くの人へ訴求し、広告効果の向上も期待できます。

 

デジタルサイネージ広告の事例

野立てLEDビジョン

デジタルサイネージ広告の設置事例をご紹介します。

 

国道沿いへの設置事例

 

国道3号線沿いにLEDのデジタルサイネージを設置しました。

自社のPRや企業広告の運用を目的としています。

国道という交通量の多い場所の設置のため、今後の広告効果が期待できます。

 

設置住所 :福岡県福岡市東区原田1丁目29番3号

  • ビジョンサイズ: (W)4800mm×(H)2560mm
  • ピッチサイズ: 8mm
  • 解像度 6:00 x 320

 

関連記事|福岡県福岡市に大型ビジョンが登場

 

ビルボードとしての設置事例

 

スポーツだけでなくコンサートなどのイベントも開催できる「SAGAアリーナ」や「SAGAアクア」「総合運動場」などの様々なスポーツを楽しめる施設です。また、佐賀市文化会館を結ぶペデストリアンデッキ周辺には、さまざまなレストランやショップが立ち並び、スポーツをしない方にも楽しめる空間です。

イベントだけでなく文化会館のお客様の寄られる人々が多いため、多くの人々への広告訴求が期待できます。

 

街のシンボルとしてのビジョン設置事例

 

屋上へのLEDビジョンのデジタルサイネージを設置いたしました。

通行量が多くビルが立ち並ぶ中でのデジタルサイネージの広告設置は、画面の明るさや画像の鮮明さもあり際立って目立ちます。

今後のLEDビジョンの広告運営も大きく期待されます。

設置住所:茨城県土浦市大和5-5

放映時間:未定

放映回数:未定

ピッチサイズ:5mm

解像度:1536 x 768

 

関連記事|茨城県土浦市に大型LEDビジョンが登場

 

デジタルサイネージ広告の効果

 

デジタルサイネージ広告は訴求力の高さと効率性で注目を集めています。

情報社会において、企業や商品をより日常の中で目立たさせることも期待できます。

多くの人が行き交う場所での印象的な広告での訴求は、企業や商品の認知度の工場にも人肌脱いでくれることでしょう。

日常的にふと目に入るデジタルサイネージの広告は潜在的な購買行動を刺激し、効果的な訴求を促すことも可能です。

 

広告収入としての効果

 

デジタルサイネージは人目につきやすい場所に設置されているため、より多くの人に広告を見てもらえる効果が期待できます。その結果としてブランドや企業、商品の認知度を高めることが可能となります。

広告料金は広告の表示時間やサイズ、設置場所に応じて設定されることが多いです。

これによりデジタルサイネージの所有者は広告収入を得ることも可能となります。

 

また、イベントや施設でデジタルサイネージを使用する際に、パートナーシップやスポンサーシップを結んだ特定の企業や団体のロゴや広告を表示することも可能です。

 

導入時の注意

 

デジタルサイネージを導入し、効果的に運用をするためにはいくつかの重要なポイントがあります。

ここでは、導入を検討する際に気をつけるべき点を、わかりやすく説明します。

 

導入の目的

 

デジタルサイネージを設置する最大の目的は何ですか?売上を上げるため、情報を効率的に伝えるため、それともブランドイメージを向上させるためでしょうか?目的によって、コンテンツの内容や配信の仕方が変わってきます。目的が明確でないと、適切なコンテンツ作成や更新計画が立てられず、効果的な運用が難しくなります。

 

見る側の立場になる

 

デジタルサイネージは導入しただけでは効果的に活用することはできません。

流れてくる情報が魅力的で価値があるものだと、人々が足を止め見てくれるきっかけとなるのです。

そのため、デジタルサイネージの運用には見る側の立場になって考えることが大切です。

細かい文字が多すぎる広告や、長時間の動画は、立ち止まって全部見てもらえる可能性が低いです。シンプルで、分かりやすく、かつ目を引くような内容を心掛けましょう。また、季節感や時間帯に合わせたコンテンツの更新も、効果を高めるポイントです。

 

設置場所

 

デジタルサイネージを設置する場所はとても重要です。

往来の多い場所を選ぶことはもちろん、安全性への考慮も必要になります。

設置するデジタルサイネージが通行の妨げにならないか、災害時でも安全が確保できる設置方法であるかどうかは非常に重要です。

また設置する場所の環境に合わせて適切な機種を選ぶことも大切です。

多くの人々により効果的に見てもらえる場所に設置することがポイントです。

 

不動産オーナー向けにデジタルサイネージの魅力を解説のまとめ

 

いかがでしたか?

デジタルサイネージの導入は不動産を所有されている方にとって有益な機会となることがあります。

空いている不動産やすでにお持ちのマンションのエントランスに導入することで、管理の手間が省け、情報を適切かつ迅速に居住者に届けることが可能になります。

また、駐車場やビルの屋上、国道沿いなどの人通りが多い箇所への屋外看板としてのデジタルサイネージの設置は、多くの人に情報を訴求するきっかけにもなります。

屋内屋外関わらず、デジタルサイネージの導入で広告収益を得ることも可能となります。

視認性が高く鮮やかなデジタルサイネージへの広告出稿は企業や店舗にとっても大きなメリットを含んでいるからです。

 

デジタルサイネージの設置・運用は専門業者に相談して行うことがおすすめです。

効果的な場所の提案や現地確認、デジタルサイネージ機器の提案をしてくれることでしょう。

さらにメンテナンスや故障した時にも安心です。

より効果的な広告運営を検討されている方はぜひご相談ください。

そのほかの特集記事